生理中にお酒を飲むのはダメ?実際に飲んで失敗した体験談やお酒の飲み方を解説!

生理

生理中でもお酒を飲んでスカッとしたい、リラックスするためにお酒を飲みたい、ということありますよね。

ただ、生理中にお酒を飲むと生理の症状を助長させてあまりよくないという話をよく聞きます。

実際、私も生理中にお酒を飲んで失敗したと思ったことがありました。

生理中お酒を楽しむのはダメなのでしょうか。

そこで、今回は、生理中にお酒を飲むのがダメと言われている理由や実際に飲んで失敗した体験談をご紹介。

合わせて、もしも生理中にお酒を飲みたくなった場合の正しいお酒の飲み方を解説します。

 

生理中お酒を飲むのがダメなの?理由は?

生理中にお酒を飲むのは決してダメというわけではなく、生理中のストレス発散に適量飲む分には問題がないとされています。

適度な飲酒は生理中のストレス発散やイライラ軽減の効果をもたらし、問題ないと言われています。

ただ、生理中にお酒を飲み過ぎるのは体に負担がかかるので注意する必要があります。

生理中にお酒を飲み過ぎてしまうと、血管が拡張して、出血量がいつもより増えたり、生理痛がひどくなる場合があります。

血管が拡張→出血量が必要以上に増える、生理痛がひどくなる

また、生理中の際には、体内の血液が子宮周辺に集まっているため、アルコールの影響を受けやすくなると言われています。

普段は酔わないはずの量でも生理中の場合には酔いやすくなり、腹痛や頭痛、貧血、吐き気などの症状が出る場合もあります。

血中のアルコール濃度が高まる→アルコールの影響受けて悪酔いしやすい

生理中ストレス発散に少量楽しむ分には問題ないですが、飲み過ぎると生理の症状がひどくなる場合がありますので、飲み過ぎには注意したいところですね。

 

生理中に実際にお酒を飲んで失敗した体験談

私はお酒を飲むのが好きで、お酒を週に2回ほどストレス発散に飲むようにしていました。

生理中は特にイライラしやすく、ちょっとしたことでもストレスがたまりやすいので、「今日は生理だけどちょっとお酒飲もうかな」という気持ちになることがしばしばあります。

生理痛があることがネックですが、お酒を飲みたいという気持ちが勝る時があってその時にはお酒を飲んでしまいます。

お酒を飲み始めるとやはりちょっと飲み過ぎてしまい、もうちょっと飲んでも…とビールや酎ハイ合わせて計4本程度夜の食事の際に開けてしまいました。

すると、夜中になってから

  • 生理痛がひどくなる
  • 出血がいつもより多い
  • 貧血がひどい
  • 便秘だったのに下痢になる
  • ストレス解消どころか気分が悪い

などの症状に見舞われ、トイレに行く回数が増えて、生理痛が痛くて、眠れなくなってしまいました。

翌朝になると、二日酔いになっており、貧血で朝起きれない状態になり、「やっぱり飲まない方がよかった、失敗した」と思いました。

生理中はホルモンの一種であるプロスタグランジンと呼ばれる物質の影響を特に受けやすく、経血を体外に押し出すなどの働きはありますが、腹痛や頭痛、吐き気を誘発する働きもありますので、私のように生理の症状がいつもより悪化する場合があるのです。

もちろん、お酒を飲んでも平気な人もいるかもしれませんが、いつもと同じように生理中にお酒を飲むというのはあまりよくないということが分かった失敗談でした。

生理中はお酒の飲み方を考えないといけませんね。

 

生理中のお酒の飲み方

生理中お酒を飲む場合には、お酒ばかりを飲むのはあまり良くなく、お酒とお水を交互に飲むような飲み方をするのが良いとされています。

アルコールを摂取すると利尿作用があるため、すぐに脱水になりやすくなります。

生理中は体内から血液が失われている状態なので、脱水に気を付ける意味で水を交互に飲むのは効果的です。

また、お酒を飲むことによる体の冷えもホルモンバランスの乱れに関係してきますので、生理中にお酒を飲む場合には、常温のお酒を選んだり、焼酎のお湯割りなど温かいお酒を飲んだりするのが良いでしょう

生理中にお酒を飲むなら糖質が低めな赤ワインや焼酎、ブランデーなどがホルモンバランスに影響を与えにくく、良いと言われています。

試しに赤ワインを生理中に飲んだことがありましたが、それほど生理の症状がひどくなりませんでしたし、赤ワインの度数自体普通のお酒よりも高めなので、あまり飲み過ぎずに済みました

個人的な体験談を含めて、生理中のお酒の飲み方としては、

  • お酒と水を交互に飲む
  • 常温もしくは温かいお酒を飲む
  • 糖質が低めな蒸留酒や赤ワインを飲む

といったお酒の飲み方を心がけると良いと思います。

ちなみに、私はお酒で生理痛がひどくなった体験から、生理中のお酒は控えるようにして、酒は酒でも甘酒を飲むようにしました。

ホットの甘酒は体を温めることができ、食事の代わりにもなるため生理中の際には飲み続けています。

生理痛を和らげるのには甘酒が効果的?実際に生理中に酒粕の甘酒を飲んでみた効果・感想まとめ
いぬらぶの女性の悩み館のTOPページです。

 

生理中は適度なお酒でリラックス効果を得よう

生理中にお酒を飲むのがダメと言われている理由や、実際に飲んで失敗した体験談、生理中のお酒の飲み方をご紹介しました。

実際に飲んで失敗した体験談を含め、生理中のお酒は、ストレス発散程度にとどめて、あまり飲み過ぎないというのがポイントだということが分かりました

また、生理中にお酒を飲む際には体を冷やさないようにする、水も交互に飲むというお酒の飲み方をするのが効果的です。

生理中は適度なお酒で、リラックス効果やストレス解消効果を得ましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました