個人事業主の確定申告にどのクラウド会計ソフトが良い?初心者におすすめの会計ソフト3選!

確定申告準備

「確定申告=手間がかかる、面倒くさい」というイメージがある方も多いのでは。

仕訳をしたり、帳簿付けをしたりとにかくいろいろやることがあって大変そうというイメージがありますよね。

そのような時には、クラウド会計ソフトを利用すれば簿記の知識がなくてもスムーズに作業を進めることができるためおすすめです。

ただ、クラウド会計ソフトの中でも、どれが一番使いやすいのか迷ってしまいますよね。

そこで、今回は個人事業主や初心者が確定申告の準備をする際に、おすすめのクラウド会計ソフトを厳選して3つご紹介します。

サポート体制や月々にかかるランニングコストなどを比較して、自分に合ったクラウド会計ソフトを使い始めましょう。

 

そもそもクラウド会計ソフトとは?

クラウド会計ソフトという言葉を近年良く聞きますが、どういったものか良くわからないという方も多いのでは。

クラウド会計とは、インターネットが利用できる環境であれば、場所や時間を問わず会計処理を行うことができる会計のシステムのことを指し、クラウド会計を利用するためのソフトをクラウド会計ソフトといいます

従来の会計ソフトは、ソフトウェアを購入してそれをパソコンにインストールして利用するというやり方でしたが、クラウド会計ソフトではソフトウェアの購入・インストールは不要

弥生やfreee(フリー)などサービス提供会社にソフトの使用料金を払うことで、インターネット環境がある場所で利用できます。

クラウド上でデータは保存されていくので、万が一パソコンが故障したり、ウイルスに感染したりというトラブルが起こった場合にはデータを失う心配はありません。

また、パソコンを新しくした場合でも、再インストールの手間なく引き続き作業を行えます。

実際にクラウド会計ソフトを使った感想ですが、インターネット環境と通常に動作できるパソコンがあれば、すぐに確定申告の準備を始めることができました。
ソフトをインストールしないといけないイメージがあったので、手間がかからず楽でした。

クラウド会計ソフトを利用するメリットとしては、自動で仕訳を行ってくれたり、キーワードから勘定科目を推測してくれたり、簿記の知識がない人でも取り掛かりやすいという点が挙げられます。

仕訳が完了して最終的な確定申告の書類を作る際には、質問に答えていくだけでサクサク作れるというクラウド会計ソフトもあります。

短時間で確定申告の書類を作れるので、これから副業を始めようと思っている方や、今年から個人事業主になった確定申告初心者の方でも安心です。

クラウド会計ソフト継続的に使用料金はかかってきますが、インストールの手間や時短、副業をする人の増加を考えると、これから利用者がどんどん増えていくのではないかと予想されています。

 

個人事業主や初心者の確定申告準備におすすめのクラウド会計ソフト3選

早速、個人事業主や初心者の確定申告準備におすすめのクラウド会計ソフト3選をご紹介します。

確定申告まで時間がないという場合でも、同期機能などがあるクラウド会計ソフトを選べば時間短縮に大きく役立ちます。

ランニングコストやサポート、同期機能などを比較しながら自分に合ったものを見つけましょう。

MFクラウド確定申告

  • 利用料金:月額0円あり・有料版月額1280円~(キャンペーン対象者は期間中月額500円)
  • スマホ連携:アプリあり
  • 無料体験版:あり
  • セキュリティ:メールアドレスや口座へのアクセス情報を暗号化、金融機関と同レベルのセキュリティ

個人事業主や初心者の確定申告準備におすすめのクラウド会計ソフト3選の1つ目は、マネーフォワード(MF)クラウド確定申告です。

MFクラウド確定申告は、個人事業主向けの確定申告サービスであり、自動入力や自動集計で楽々青色確定申告の準備が行えます。

MFクラウド確定申告では、無料で使えるフリープランもありますが、機能に制限がありますので使いたい機能が使えないという場合には有料プランを検討しましょう。

2020年2月23日時点では、パーソナルライト、パーソナル、パーソナルプラスのプランがMFクラウド確定申告には用意されており、どのプランにもメールやチャットのサポート付き

MFクラウド確定申告は、ある程度会計や簿記の知識がある方向けのソフトになっているため、簿記をかじったことがあるという方は効率的に確定申告準備を行えます。

MFクラウド確定申告の詳細を見る

 

↓MFクラウド確定申告の公式ガイドブックも合わせておすすめ

やよいの青色申告オンライン

  • 利用料金:青色申告版8640円~(2020年3月16日までに申し込みで初年度無料のプランもあり)
  • スマホ連携:アプリあり
  • 無料体験版:あり
  • セキュリティ:Microsoft Azure™を採用で24時間365日稼働

個人事業主や初心者の確定申告準備におすすめのクラウド会計ソフト3選の2つ目は、会計ソフトで有名な「弥生」が提供するクラウド確定申告ソフトです。

弥生といえば会計ソフトの老舗の企業なので、安心感や信頼性が抜群です。

白色申告版と青色申告版があり、2020年3月16日までのお申込みで初年度無償キャンペーンが行われているのにも注目したいところ。

青色申告版ではすべての機能が1年間無料でお試しできるプラン(通常1年間8640円)が用意されており、どの確定申告ソフトを使おうか迷われている方には手軽に試しやすい形になっています。

サポートがあるなしでプランを選べるので、自分の簿記や経理の知識によって自分に合ったプランを選べるというのが魅力です。

やよいの青色申告オンラインの詳細を見る

 

↓やよいの青色申告オンライン対応で青色申告の知識も学べるこちらの本も合わせておすすめ

会計ソフトfreee

  • 料金:月額980円~
  • スマホ連携:専用アプリあり
  • 無料体験版:あり
  • セキュリティ体制:通信や保存データの暗号化、TRUSTe認証を取得など

個人事業主や初心者の確定申告準備におすすめのクラウド会計ソフト3つ目は、使いやすさと見やすさで定評のある会計ソフトfreee(フリー)です。

経理や簿記の知識が少ない方でも、画面の表示に従って回答・入力していけばOKなので、確定申告初心者にもおすすめ。

会計ソフトfreee(フリー)は、スマホアプリもリリースしており、外出中や移動中にサクッと帳簿管理が可能なのも魅力の一つ。

パソコンでまとめて作業する場合と、スマホアプリで短時間で作業する場合と分けて行えば、効率的に帳簿管理を行えます。

また、わからない点があればチャット・メールサポートも充実しており、仕訳の方法や操作方法などわからない部分をすぐに解決することができます。

会計ソフトfreeeの詳細を見る

 

↓手元に置いて操作を確認できる会計ソフトfreeeの解説書も合わせておすすめ

3つのクラウド会計ソフトを使ってみた感想

ご紹介した3つのクラウド会計ソフトを使ってみた感想ですが、個人的には会計ソフトfreee(フリー)が使いやすかったです。

開業時の書類提出の時点で、「どの書類が必要なのか」と迷っていたのですが、freee(フリー)なら簡単に開業届などの書類を作成できて、そこからお世話になっています。

銀行口座やクレジットカードを会計ソフトfreeeと同期しておけば、自動的に帳簿付けもしてくれるので大変便利だと感じています。

また、一番大変な確定申告書類も簡単な質問に答えて入力していくだけで作成できました。

私の体験談から、

  • 全く簿記の知識がない、または少々ある
  • 自動で帳簿付けをしたい
  • スマホとも連携したい
  • 簡単な質問に答えるだけで確定申告書類を作りたい

といった方はクラウド会計ソフトの中でも会計ソフトfreeeがおすすめだと思います。

もちろん、使いやすさや相性は人によって異なりますので、気になるクラウド会計ソフトの無料体験版でお試しをしてみるというのもおすすめです。

無料体験版は一切費用が掛かりませんし、契約前に自分に合ったものを見つけやすいです。

自分に合ったクラウド会計ソフトを見つけて、面倒な確定申告をスムーズに進めましょう。

MFクラウド確定申告の詳細

やよいの青色申告オンラインの詳細

会計ソフトfreeeの詳細

 

タイトルとURLをコピーしました